銀行系の不動産担保ローンを金融マンが検証してみる

銀行の不動産担保ローンを検証

西日本シティ銀行 NCBレディス住宅ローン

更新日:

女性のための特典が付いている住宅ローンです。病気やケガ、倒産やリストラなどの万一の時、保険でローンの返済をカバーしてくれます。

【利用対象者】
次の条件をすべて満たされる方
■お申込時の年齢が満20歳以上満64歳以下で、完済時の年齢が満79歳以下の女性の方
■年収・勤続年数等が下記基準を満たす方
  【給与所得者の方】
   ・勤続1年以上、前年度税込年収100万円以上
  【会社代表者の方】
   ・勤続2年以上、直近2年の税込年収がいずれの年も100万円以上
    (税金の滞納や延滞がないことが必要です。)
  【個人事業者の方】
   ・営業2年以上、直近2年の所得がいずれの年も100万円以上
    (税金の滞納や延滞がないことが必要です。)
■お取引店のお近くにお住まい、またはお勤めの方
■保証会社の保証が受けられる方
■団体信用生命保険への加入が認められる健康な方

【融資金額】
10万円以上6,000万円以内(1万円単位)
※ただし、保証会社の担保評価額+諸費用(保証料、火災保険料、登記費用等)の範囲内
 とさせていただきます。

【金利(年率)】
以下のいずれかをご選択いただきます。(ご返済の途中に変更はできません。)
■金利選択型
  固定金利特約(2年・3年・5年・10年・15年・20年)を結ぶことによって、特約にて定め
  た期間(特約期間)の金利を固定することができます。特約期間終了後は変動金利になり
  ますが、再度固定金利特約を結ぶことも可能です。(固定特約期間中は変動金利等への
  金利の変更はできません。)
  【変動金利期間中の金利見直しについて】
    ・年2回の金利見直しルール
      お借入後の利率は基準利率の変更に伴い、その変更幅と同じだけ引き下げ、また
      は引き上げられます。お借入後の利率変更の基準日は毎年4月1日と10月1日の2
      回となり、基準日以降最初に到来する6月と12月の約定返済日の翌日から適用さ
      れます。
    ・5年毎の返済額見直しルール
      返済額の見直しは5年毎に行い、この間に金利が変更になった場合は返済額の
      うち元金部分の金額を増減させることで調整します。ただし、返済額の急激な
      上昇を防ぐため、変更後の返済額は変更前の1.25倍を上限とさせていただき
      ます。
■段階金利型
  当初10年間は固定金利、11年目以降は「予定利率」による固定金利が適用されます。
  「予定利率」とは、段階金利特約でご契約の際にあらかじめ提示させていただく利率の
  ことですが、5年毎に予定利率の見直しを行う特例がございます。
■全期間固定金利型
  お借入時の金利を完済時まで適用します。
※現在の金利については、窓口にお問い合わせいただくか、ローン専用サイト
 「714919.jp」にてご確認ください。

【返済期間】
1年以上35年以内(1ヵ月単位)
※ただし、中古マンションの場合は、35年以内かつ50年から登記後の経過年数を控除(該当
 期間が25年未満である場合は最長25年)した年数の範囲内となります。

【担保・保証人】
<担保>
土地・建物に対して、銀行が第1順位の抵当権を設定させていただきます。
※抵当権設定費用は別途ご負担いただきます。
<保証人>
原則として不要
 ※ただし、土地・建物に持分のある方、収入合算をされる方には連帯保証人となって
  いただきます。
  また、保証会社が条件とした場合も連帯保証人が必要です。
<保証会社>
全国保証株式会社の保証を受けていただきます

(2014年3月4日現在の情報です)
※お申し込みの際は、必ず公式サイトにて内容をご確認ください。
西日本シティ銀行公式サイトはこちらhttp://www.ncbank.co.jp/

Copyright© 銀行の不動産担保ローンを検証 , 2018 All Rights Reserved.