銀行系の不動産担保ローンを金融マンが検証してみる

銀行の不動産担保ローンを検証

関西アーバン銀行 フラット35

投稿日:

当行と住宅金融支援機構が提携し、最長35年の長期固定金利住宅ローンを実現しました。

【利用対象者】
・お申し込み時年齢が満70歳未満、完済時年齢が満80歳未満の方
・安定したご収入がある方
・日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方
・本ローンとその他のお借り入れを合わせたすべてのお借り入れの年間のご返済額が年収に対して次の基準割合を満たしている方
年収     基準
400万円未満 30%以下
400万円以上 35%以下
・本商品契約後、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫含)借入が複数とならない方
・住宅ローン債権のうち、一定額以上を当行変動金利型住宅ローンとする方式(「ミックスプラン」)を選択される場合は、借入金総額のうち50%以上(又は1,000万円以上)が当行住宅ローンである必要があります。

【融資金額】
100万円以上8,000万円以内で建設費(土地の購入費も含みます)
又は購入価額の100%以内(1万円単位)
※資金使途が借換の場合は、100万円以上8,000万円以内で「借換の対象となる住宅ローンの残高」又は「住宅金融支援機構による担保評価額の200%」のいずれか低い額まで

【金利(年率)】
【固定金利】
・ご返済期間(20年以下、21年以上)およびご融資率(90%以内、90%超)に応じた金利が適用されます。
・借入期間中の金利の変動はありません。また、ご融資利率はご融資実行時の利率が  適用になります。
・手数料の徴求方法による2種類(タイプA、タイプB)の適用金利が有ります。
(ご注意)
※当行住宅ローン併用の場合(ミックスプランご利用の場合)、当行住宅ローンは原則変動金利型(ローン基準金利連動型)となります。
【変動金利型 (ローン基準金利連動型)】
・当行所定の利率とさせていただきます。
・新型三大あんしん保障付き住宅ローンをご利用になられる場合は上記新規ご融資利率に一定幅を上乗せした利率を適用させていただきます。
・利率の変更の基準日を4月1日、10月1日の毎年2回と定め、4月1日と10月1日、10月1日と翌年4月1日の基準金利とを比較して、利率差が生じた場合、その差と同幅で借入利率は変動します。
但し、借入後最初の見直しでは、貸出日の基準日(毎年3月1日と9月1日)現在の基準金利と貸出後最初の貸出利率の変更の基準日(4月1日又は10月1日)の基準金利を比較して、利率差を求めてその差と同幅で借入利率は変動します。
(新利率適用日)
月賦返済のみの場合…4月1日の見直しは6月の、10月1日の見直しは12月の約定返済日の翌日からとします。
半年賦返済併用の場合…4月1日の見直しは6月以降、10月1日の見直しは12月以降最初に到来するボーナス返済日の翌日からとします。

【返済期間】
次のいずれか短い方であること
(1)15年以上35年以内(1年単位)
(ただし、お申し込みご本人の年齢が満60歳以上の場合は10年以上)
(2)完済時の年齢が満80歳となるまで(80歳の誕生日迄)の年数
※資金使途が借換の場合、現在お借り入れの住宅ローンとの通算期間は35年以内とさせていただきます。

【担保・保証人】
担保:ご融資の対象となる住宅及びその敷地に、住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定させていただきます。
※当行住宅ローン併用の場合(ミックスプランご利用)、当行住宅ローン部分につきましては銀行の定める保証会社を抵当権者とする第2順位の抵当権を設定させていただきます。
保証人:原則不要です。

(2016年6月10日現在の情報です。)
※お申し込みの際は、必ず公式サイトにて内容をご確認ください。
関西アーバン銀行公式サイトはこちらhttp://www.kansaiurban.co.jp/

Copyright© 銀行の不動産担保ローンを検証 , 2018 All Rights Reserved.